ドモホルンリンクルの対象年齢は?何歳からが対象?

ドモホルンリンクルの対象年齢を知りたい方にコチラでどの年代が使えるのかの解説をしています。ドモホルンリンクルを使うのにちょっと若すぎないかな?と考えている人、もう遅いかな?と考えている人はこちらをご覧くださいね。
MENU

ドモホルンリンクルの対象年齢は?何歳から使い始めるのが良いの?

 

ドモホルンリンクルは年齢肌用化粧品

 

年齢肌化粧品という言葉を作り、流行らせたのはドモホルンリンクルではないでしょうか。

 

年齢肌という言葉から連想する世代は5,60代くらい?
そんなイメージを持つ方が多いかもしれません。

 

果たしてそのイメージは合っているのか。
ここでは年齢別の悩みから年齢に合わせたドモホルンリンクルの使い方を伝授させていただきます。

 

 

ドモホルンリンクルの対象年齢は30代〜50代

 

40代〜50代でエステへ駆け込む

 

老化は20歳を境に日々進行しています。

 

20代後半からなんとなく目に見えたシミやシワが確認できるようになり、『あ、私も老化ってするんだ!』と初めて気付く。

 

けど、ごまかしメイクやドラックストアなんかでちょっと買ったパックなんかをすれば意外と回復する。
目立たなく出来る。

 

そんなレベルの老化なので、真剣に向き合わない人がほとんどです。

 

30代になってもまぁ、何とかごまかせて向き合わず。

 

40代になる頃にもう隠せない!ごまかせない!
何とかしたい!といってエステ店や美容整形に走る。

 

そんな方が非常に多いです。
私は美容業界業に10年以上いるのですが、1番よく見かけるパターンです。
それでも改善はしますが、すでに始まっている老化と向き合う年齢は早いに越したことはないのです。

 

そう思うと年齢肌化粧品の対象年齢は20代からと言えます。
遅くとも、おもむろに現れるのが30代という事になります。

 

30代で使い始めるのをお勧めする理由

 

ドモホルンリンクルフルセットがおすすめ

 

私は30代の人にはちょっと無理してでもフルセットで使う事をお勧めします。
なぜなら、このブログ内で何度も言ってますが予防こそ最大の美活だからです!!!!
出来てしまってからでは遅い!とは言いませんが、改善するのに時間とお金を沢山使う事になってしまいます。

 

予防はすごくて、低予算ですっごく効果的!
なので目に見えるしっかりした悩みが出てきたら高い!なんて言わずにキチンと効果が出るものをきっちり使っていく事をおすすめします。

 

長い目で見れば、年齢を重ねてからアタフタするよりも、30代からきっちり向き合う方が経済的でお得なのです。

 

 

年齢肌対策として画期的なドモホルンリンクル

 

ドモホルンリンクルは天然物質で出来ている。

 

ドモホルンリンクルの凄いところはほぼ天然素材で出来ているのに、アンチエイジング力が凄まじく優れていることです。

 

私はアロマセラピストとアロマインストラクターの資格を持っているので、添加物についてはかなり煩い方です。

 

ナチュラル、天然、無添加、食べ物や肌に使うものはそういうものに拘って使っていた時期もあります。

 

ただ一つ言えるのは無添加天然系化粧品は体には優しいですが、年齢肌の改善力というものは弱いです!

 

肌の持久力は付くので、トラブルが起きにくい肌を作るのには非常に優れていますが、
どうしてもアンチエイジング能力というと科学の力に頼る方が結果がでました。

 

正直、頑固なシミや根深いシワを素早く取るにはドクターズ化粧品のが優れています。

 

 

ドモホルンリンクルは天然物質で出来ている。

 

しかし、ドモホルンリンクルは天然物質で出来ているのにアンチエイジングなんです!
年齢を重ねて出てくる悩み、シミ、しわ、たるみに本当によく効きます。

 

これってすごいことです。体に優しくて、お肌が強くなって、アンチエイジングしてくれるので、

 

天然系は大好きだけど、やっぱり年齢を重ねてくるとそれでは物足りなく感じる・・・。
でも、化学物質使うのは嫌だな。という方にはぴったりです。

 

 

2つとない年齢化粧品

 

そんな商品はまず2つとないです。

 

中でも年齢肌のケアとして最もすぐれているのが泡の集中パックです。
何が凄いって、HSP、自己回復たんぱく質に着目している事です。

 

本来の人が持ってる回復する力を最大限に引き出す処方になっているのですよね。
知れば知るほどドモホルンリンクルってすごいなと思います。

 

アンチエイジングするなら食べてはいけないもの

 

健康と美しさは表裏一体です。
風邪をひいた後、老けたなーと感じた事ある方は多いのではないでしょうか。

 

言ってみれば老けとは体の酸化と糖化です。
若々しくいるために、食べてはいけないものをご紹介します。

 

白い物

白い食べ物

 

白糖、白米、白いパン

 

これらは精製されているので、本来含まれているはずのミネラルが殆どありません。
吸収が良すぎて、肥満の原因になると同時に体の糖化も促進してしまいます。

 

トランス脂肪酸

 

トランス脂肪酸の多い食べ物

 

マーガリン、サラダ油、スナック菓子などに含まれます。

 

これはコンビニやファーストフードには9割含まれてると言われています。

 

植物油に水素を添加してトランス状態(腐敗しない)様に加工してあるのです。
その分子構造はほぼ、プラスチックと一緒です。

 

保存料の代わりになるので、腐敗を防ぐ防腐剤にかわりになるので幅広く使われていますが、
生活習慣病の原因になる事が解明されています。

 

 

その他、人工甘味料、栄養ドリンク、アルコール、揚げ物も老化促進する食べ物なので
神経質になりすぎる事はないですが、なるべく避けたいですね。

同じ年齢でも若く見える人、老けて見える人

 

同じ年齢でも若く見える方と老けて見える方がいます。
両者には大きく分けて、3つの違いがあります。
生活習慣、使っている化粧品、食べ物

 

食べ物について言えば少し気を付けるだけでもかなり違いが出ます。
口から取るものの影響は大きいです。

 

 

アンチエイジングに効果のある食べ物

 

逆に、食べた方がいい食べ物もご紹介。

 

たんぱく質

良質なたんぱく質

 

卵、肉、魚、豆腐、豆乳、豆、赤身肉

 

 

人の肌も髪も爪も、体はすべてたんぱく質で出来ています。
ですので、年齢肌に対抗するためには体の原材料ともいえるたんぱく質を摂る事は必須です。

 

筋肉量をある程度キープするためにもたんぱく質は必ず必要になってくるので、

 

お顔のたるみを気にされている方は意識して一日に必要なたんぱく質を摂取しましょう。

 

フィトケミカル

 

フィトケミカルが含まれる食べ物

 

アサイー、ベリー類(ブルーベリー、いちご、ラズベリー)、緑茶、ごま、にんじん、トマト、サーモン、生姜

 

第7の栄養素として注目されているのがフィトケミカルです。

 

強い抗酸化力で活性酸素除去してくれるのはもちろん、免疫力を高めてくれるので
風邪や病気になりにくくなります。

 

 

糖化を抑える食べ物

糖化を抑える食べ物

 

めかぶ、プルーン、大豆製品、玄米

 

糖化とは体内の余分な糖分がたんぱく質と結びつく反応です。
甘いものや炭水化物の摂り過ぎが原因でたんぱく質と結びつきAGE(終末糖化産物)という
強力な老化物質を作り出してしまいます。

 

その結果、お肌の老化やアルツハイマ―型認知症、骨粗鬆症などを促進させてしまうのです。

 

 

食べ物も凄く大切ですが、これはあくまで基礎になります。
あくまで予防という意味合いで意識しましょう。

 

すでに出来てしまっている年齢肌のお悩みであるシミ、シワ、たるみを改善するには外からのアプローチ(スキンケア)が絶対に必須です。

 

食べ物で基礎を作りつつ、ドモホルンリンクルでしっかりアタックして年齢肌対策する事をおすすめします。
目指せ!つるつるのハリ肌!

 

 

ドモホルンリンクルの口コミ 〜実際に使ってみた感想を書いています!

 

 

 

 

 

メニュー

このページの先頭へ